TOP

BLOG 山五企画ブログ

  • 2017年3月1日

東京ドームにピクトグラムの検証を

オータ
制作部 : オータ

 

制作部のオータです。

 

 

 

ついこの前お正月と思っていたら…

ヴァレンタインデーも過ぎ、もう3月。

 

月日の流れって恐ろしいほど早いですね。

この分だと2020年の東京オリンピックは

あっという間にやってきそうです。

 

オリンピックといえば、

私がたのしみにしている競技は…

ベースボールですね。

 

叶うものなら日本がメダルを競う試合を

スタジアムで観戦したいものです。

 

 

 

そうなると当然、

スタジアムは世界各国の野球ファンで

賑わうわけですよね。

 

これはきちんと、

お・も・て・な・し…

おもてなししないと。

 

ん?

 

 

東京オリンピックといえば、

 

 

 


ピクトグラム

 

 

 

1964年の東京オリンピックで

現在のピクトグラムの礎を築いたことは、

けっこう有名な話。

 

なにやら外国語でのコミュニケーションに

ビビった日本人の機転が成した業。とか…

 

 

 

ご存知な方も多いと思いますが、

ピクトグラムとは情報を絵で伝達する視覚サイン。

 

かんたんに言っちゃえば

トイレや

非常口などに代表されるマークですね。

 

文章より直感的に伝わり、

言語の制約がないから国境もない。

もう無敵のコミュニケーションツールです。

 

最初は外国語にオロオロしたのかもしれませんが、

きちんとおもてなしを果たし、

その後のスタンダードになるほどの完成度。

 

当時のクリエイターの方々に敬服いたします。

 

 

 

で、ここで気になってきました。

 

山五企画のオフィスは

東京ドームまで約400メートル。

もうお隣さんみたいなもの。

 

その周辺にはどんなピクトグラムがあるか…

さぁ見てみましょう。

 

ピクトグラムですから

あえてコメントなしで画像だけ紹介します。

 

あるはあるは!

そしてそのどれもが補足文がいらないほど

伝わるものばかり。

 

なんとなく…

「なんじゃこりゃ~」的なものも

うっすら期待してたんですが、

 

よくよく考えたら、ピクトグラムって

「なんじゃこりゃ~」

と思われちゃいけないものなんですよね。

 

 

 

さらに敷地外の路上にも

ピクトグラムは溢れかえっていました。

 

さらに2020年に向け、

より国際的にわかりやすく

リニューアルされるものがあるそうです。

 

学ばせていただきます。

 

 

 

おぉ!これは!

ビデオ撮影的な?

 

 

 

近寄ってみると…

案内図でした…

 

ピクトグラムの見過ぎで

麻痺してきやした。

 

 

 

さぁて、2020年のオリンピック、

「全試合、東京ドームなわけないよな」

「ほかはどこの球場だ?」

なんて思って調べたら、

 

ハマスタが最有力候補!

そもそも東京ドーム、ダメみたい。

 

警備上の都合でNGって…

う~ん…。

 

 

 

ま、7日からWBCがはじまりますしね。

いざ東京ドームへ。


LINEで送る
Pocket

RSS FEED

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVEアーカイブ