TOP

BLOG 山五企画ブログ

  • 2017年12月21日

北斎パスポートにゾックゾクの歓喜を

オータ
制作部 : オータ

 

 

ゾックゾクしてます。

 

 

さぁ、もうすぐ2018年がスタート。

 

まだなんとな〜く

リアルに感じない東京オリンピックも

徐々に盛り上がっていくんでしょうね。

 

その東京オリンピックの前年である2019年、

パスポートの中面が変更になるそうです。

 

もう2016年のリオオリンピック前には

発表があったらしいのですが、

私は不覚にもつい先日知ったのでした…。

 

 

 

それはさておき、なにがゾックゾクするかって…

その採用されるデザインは

 

 


北斎

 

 

葛飾北斎の「冨嶽三十六景」が

印刷されるらしいですね。

 

私も壁紙は「神奈川沖浪裏」を

チョイスしている男…

 

これを知ったとき、

理屈ぬきで喜びがこみ上げ、

そしてゾクゾクっとしました。

 

いますぐパスポートが欲しい。

 

当然、日本人しか持てない

この北斎パスポート。

世界中でノドから手がでるほど欲しい人、

続出するのではないでしょうか。

 

 

 

内容は、どうやらビザ欄の24見開きに

「冨嶽三十六景」がはいるようですが、

 

ん?

 

24か…

 

たしか「冨嶽三十六景」は36ではなく、

46あると訊いたことが…

 

これを機にくわしく調べてみました。

 

ちょっとだけお伝えすると、

予定ではタイトルどおり

36枚で完結するはずでしたが、

あまりの人気のため10枚追加されたそうです。

で、46枚。

 

ちなみに追加の10枚は

それまでの東海道側からではなく、

甲州側からみた富士山を描いたもので

「裏富士」と呼ぶそう。

このへんも粋ですな。

 

 

 

話を戻します。

46から24枚を厳選…

なにがはいるのか。

 

ん〜選びたい。

 

しかし、これもまた

たのしみにしておくしかない。

 

もうパスポートが倍の厚さになっても

46作品ぜんぶ載せてもいいんじゃないか…

とさえ思います。

 

 

 

それにしても北斎自身は、

まさかパスポートという得体の知れないものに

自分の作品が載るなんぞ思ってないはず。

 

タイムマシンで北斎に知らせたら
なんていうんでしょうか。

 

 

 

日本のマンガやアニメ、ゲームも

世界中から絶賛されて久しいですが、

そもそも元祖クールジャパンは

文句なし浮世絵。

 

ジャポニスムと呼ばれるように

西洋にインパクトを与えた日本の美は

本当に奥深いものですね。

 

そのジャポニスムといえば、

現在、国立西洋美術館(東京・上野)で

北斎とジャポニスム」が開催されています。

これも相当ゾックゾクもん。

行きます。

 

 

 

最後に…

パスポートは広告のような

情報を伝えるものではないですが、

今回のように、旅する人が日本を感じ、

「心躍るもの」となるわけです。

 

「心躍るもの」はやっぱり

デザインが占める割合はでかいなぁ…

と、あらためて思いました。


LINEで送る
Pocket

RSS FEED

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVEアーカイブ