TOP

BLOG 山五企画ブログ

  • 2016年8月10日

【TOKYO 胃袋くすグルメ 2食目 PINE@神田神保町】

久保井
制作部 : 久保井

Header

 

皆さんおはようございます、こんにちは、こんばんは、いただきます。
ヤマゴの闘牛こと、制作部の久保井です!

 

今回はアメリカンでウッディ、かつ親しみのある

神田神保町のBarPINEをご紹介したいと思います。 

 

前回に引き続き神田神保町のお店ですが、方向的には
やや神保町駅から見て御茶ノ水とか神田小川町方面。
神保町駅から駿河台下交差点へ進むと、、、

 

20160715_Kuboi_Shop_01

 

ありましたありました!
この、いわゆる〝オシャ〟な外見。間違いなくPINEです。

 

アメリカン且つウッディ、それでいて温かみがあり懐かしささえ感じられる。
とても好きなビジュアルです!
(デザイナーみたいな事を言ってすみません。。。)

 

ザ・Barのような見た目なので、夜はともかく、まさかランチで立ち寄ろうとは常連さん以外なかなか思わないかも知れませんね。

でも、ランチもホントにオススメなので、ぜひご紹介させていただきます!

 

20160715_Kuboi_Shop_02

 

あ、Bar&GRILLって思いっきり書いてますね。
このネオンライト、ちょっぴり怪しくて
大人な雰囲気を醸し出してて好きなんですよねぇ〜!

 

20160715_Kuboi_Shop_Menu_01

 

2階席もございますがほぼ満席だったので、少し外で待ってみる事に。
当然、ふとメニューが目に入ってきます。

 

いつもは、この店に行ったらコレを頼め!的な、
いわゆる「My メニュー」、またの名を「店長、いつもの!」があるので
実はあまりメニューを見た事がありませんでしたが…。
この季節、絶対冷しゃぶとか美味しいだろうなぁ〜、とか思いつつ
今日頼むド本命はこちらです。

 

20160715_Kuboi_Shop_Menu_02

ハンバーグ!

 

PINEの魅力はなんといってもハンバーグランチです。
10種類のソースと5種類のトッピングからなる宇宙に等しい無限の可能性。。。
その日その時の気分やコンディション、好みに合わせて好きに選べる!
これは胸が高鳴ります。

 

そしてこのタイミングで席へと案内していただくと…、

 

20160715_Kuboi_Shop_03

 

この2階席へ。大体いつも3〜4人で行くので、よくこの席へと案内されます。
中もとってもアメリカン!ペンションみたいでワクワクします!!
どうやらマスター、MLB(メジャーリーグベースボール)がお好きなようで、
なんともベースボーリーなインテリアとなっております。

 

20160715_Kuboi_Shop_Menu_03

 

ハンバーグランチのメニューはこんな感じです。

 

先ほど「無限の可能性に胸が〜」とか言っておきながら、なんだかんだで
いつも《トッピングなし、辛いソース(¥800税込)》のセットを
頼んでしまう自分がいるんですよね…。笑
(もちろんトッピングやスタイルを自由に選ぶ日もありますよ!)

そんなこんなで、「早く来ないかなぁ〜。」と、ふと後ろに目をやると。

 

20160715_Kuboi_Shop_05

20160715_Kuboi_Shop_04

Enjoy Coca・Cola!!!

な、なんともインパクトのある…
(ちょっと欲しいな、と思う自分がいます。)

 

ちなみに、室内にもネオンが。

 

20160715_Kuboi_Shop_06

 

とことん雰囲気作りにこだわってますよね〜!!
ハンバーグが来るまでの待ち時間も、
オシャレで楽しげな内装を眺めていれば苦じゃありませんね!

 

20160715_Kuboi_SideDish

 

お!来ました。まず初めはサラダです。

 

生野菜にドレッシングがかかっている普通の美味しいサラダですが
サラダにも種類があるようでして、来店する度に
「お!今日はこのサラダだ!」とか、自分の中で小さな幸せを感じられます。

 

20160715_Kuboi_Soup

 

サラダと時をほぼ同じくしてスープも来ました。
ちなみにヤマゴの先輩のうちの1人は、いつもこのオニオンスープに
黒胡椒を少しかけ、苦い顔をしながらこのスープを飲み
ダンディさを醸し出しています。

 

20160715_Kuboi_MainDish_01

 

お次はライス。大盛り無料のありがたいサービスもあります!!

 

20160715_Kuboi_MainDish_02

 

そして!ついに!!本日のメイン!!

 

_人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
>  ジュッワァァァァアー!!!!!!!  <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

辛いソースのハンバーグです!

 

アツアツの鉄板にマグマの如く沸き立つトマトとハラペーニョのレッドハーモニーが心地よい音、薫り、見た目など、五感全てで楽しませてくれます!


辛い食べ物が大大大好きな僕なので、人気のデミグラスてりマヨより、
ついつい辛い食べ物に目が行きがちです。。。
ちなみに、ヤマゴの先輩方はいつもわさび醤油てりマヨを頼んでおります。

 

20160715_Kuboi_Overall
全体で俯瞰するとこんな感じです。
シンプルにサラダ、スープ、ライス、ハンバーグのセットですが、
これがまたココロに〝ズシーンッ!〟と重厚な充実感と満足感を与えます。

 

かと思えば、中からジュワァッっと溢れんばかりの肉汁が出てくるハンバーグは、
まるで触れただけで割れてしましそうなほど繊細なシャボン玉のような儚ささえ連想されるほど。コレは肉汁でさえ、一滴も残せません!

 

今日は普通のハンバーグを注文しましたが、チーズin(+¥150を頼むと
肉汁と一緒にとろ〜んっとトロけたチーズもお目見え。

これもまた絶品です…。
鉄板だから、アツアツだしチーズも冷えて固まらない!

 

おっと、食べ終わる前に…

 

20160715_Kuboi_MainDish_03

 

見てください!この肉汁とソースが絡まった照りっ照りのコーンを!

 

普段から三角食べは出来ると自負しておりますが、
この付け合わせのコーンに限っては別です!

 

ハンバーグをライスと一緒に食べ、たまに付け合わせの
フライドポテトやスープで味の違いを楽しみ、
改めてハンバーグの美味しさを再確認。

 

そして…、、、

 

一通り食べ終わったら、最後のお楽しみが如く
全てを吸ったコーンを一気に食べる!
これが僕のオススメのPINEの食べ方です!

 

この食べ方、「肉の旨み」と「ソースの旨み」の異なる2つのベクトルの先に交わる
乗算の可能性を感じざるを得ません…。。。

 

 

20160715_Kuboi_Ate
無事完食。はぁ、大満足です。。。

 

とあるマンガで読んだ事があるのですが、オトコって結局
焼き肉とかハンバーグが大好きで、それだけで幸せなんですよね。

 

最後に、ライスレーティングを使ってポイントをまとめていきます!
(※あくまで個人的な見解です。)

 
20160715_Kuboi_Rating

 

出ました!梅星3つの嵐!!

 

オシャレな内装アメリカンな店内、そして何より

自由にカスタマイズ出来るハンバーグが魅力の神保町のBar&GRILL。

 

アメリカンダイナーな肉料理を中心としつつも、夜は雰囲気の良いBar。

しかし、決してチェーン居酒屋のように

「Barのついでにお昼はランチもやってます。」

といった感じは微塵にも感じさせず、しっかり手ごねの本格ハンバーグ!

 

どこかやわらか〜い雰囲気を醸し出す、でもオトコマエで元気なマスター

キレイで優しい店員のお姉さん達が優しく声をかけてくれる、

とにかく美男美女の店員さんが多いオシャレなお店です!

 

皆様も神保町や御茶ノ水、神田小川町にいらした際に

ぜひ行かれてみては如何でしょうか!

夜のBarの時間帯にもハンバーグはあるらしいので、

1人帰りがけにカウンターでマスターとお話しがてら食べに行くも良し、

PARTY PLANもあるので数人で飲みに行くも良し!

AM 11時台は¥100引きの様なので、王道にランチで行くも良しですね!

 

きっとマスターやお姉さん達が悩みを聞いてくれるかも…!?

 

 

以上、今回はPINE@神田神保町でした。

 

それではまた!ごちぞうさまでした!

 


PINE

http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13035265/
ジャンル:ハンバーグ / バー
アクセス:東京メトロ半蔵門線神保町駅 A5口 徒歩4分

       JR御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口 徒歩8分
住所:〒101-0052 東京都千代田区神田小川町3-10

電話番号:03-3291-6017


LINEで送る
Pocket

RSS FEED

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVEアーカイブ