TOP

BLOG 山五企画ブログ

  • 2016年11月15日

【TOKYO 胃袋くすグルメ 4食目 SANGAM@神田神保町】

久保井
制作部 : 久保井

Header

皆さんおはようございます、こんにちは、こんばんは、いただきます。

ヤマゴのガネーシャこと、制作部の久保井です!
(余談ですが最近、カラダを「く」の字に曲げる特技を身につけました。)

 

さて、今回も神田神保町。
TOKYO 胃袋くすグルメ 第4回目にしてホントに今更ですが、
神保町といえば『The カレーの街』ですよね!

 

というワケで今回は本格インドカレーと焼きたてアツアツのナンが楽しめる

神田神保町のインド料理屋SANGAMをご紹介したいと思います。 

 

神保町のすずらん通り沿いに4月1日にオープンしたSANGAM。

恐らく本場の方であろう外国人店員さんが毎日呼び込みをしています。

 

神保町には名だたるカレー屋がたくさんありますが、
ライスにカレーがかかった欧風カレースタイルがやや多い印象。

今回紹介させていただくSANGAMのような本場インドスタイル
ドロッとしたカレーとナンの組み合わせも抜群の安定感ですよね!

 

話は変わり、時系列が少しズレてしまうのですが、
8月4日、山五企画オフィス引越し直前。
オフィス移転前のビル(ミヤタビル)から
すぐ近くのお店だったもので、
せっかくだから、と引越し前に大人数で行く事に

20160804_kuboi_shop_01 20160804_kuboi_shop_0220160804_kuboi_shop_03

この日はまだ夏でとても暑かったのを覚えています
最近、ようやっと幼い頃より父から耳にタコが出来るほど聞かされていた
「暑い日に食べるアツアツのカレーは絶対美味い」
という
話の意味が分かってきました。
確かに絶対美味い。

20160804_kuboi_shop_04

この人数にも関わらずイケメン外タレ風の店員さんが優しく笑顔でお出迎え。

オレンジの看板スプーンのロゴが目立って印象的!

20160804_kuboi_shop_05

中に入ると、オシャレなウォールシェルフにたくさんのワインが乗っており、
ワインも推しのお店であることが一目で分かります。(後述)

もしコレが仕事帰りだったらなぁ…。
ですが、もちろん午後もお仕事。やむなし。

20160804_kuboi_shop_06 20160804_kuboi_shop_07

葉っぱがオシャレです。タカトシさんのサインもオシャレに見えてきました。
(よーく見ると縦書きに『タカ』って書いてあるんですね。)
実は何を隠そうこのお店、タカトシさんの番組でも紹介されたことのある、
神保町の中でも新進気鋭のカレー屋さんなのです!

20160804_kuboi_shop_menu_01

メニューはこんな感じ。

結構種類もありますよね!
カレーの種類とは別に、セットの種類もあるのでとても充実感があります

 

が、

 

僕がいつも頼むのはコチラ。

20160804_kuboi_shop_menu_02

《サンガムスペシャルセット(¥1000税込)》!!
少々ランチにはお高いかも、、、と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、

20160804_kuboi_shop_menu_03

このLランチセットと比べると、
メニュー、価格こそ似ていますがコチラはペッパーブラウンカレーオンリー。

サンガムスペシャルセットはもう一個カレーが増え、
且つチキンティッカ(骨無しのタンドリーチキン)と
ターメリックライス
も付いてくるのです!
これで10円違いならサンガムスペシャルセットの方が俄然おトク!!

(ちなみに、メニュー表には「バターチキンカレー+ポークカレー」と記載してありますが、お店に通いつめていたためか僕らはカレー2種類を自由に選ばせてもらえました。サンガム様ありがとうございます。)

 

この日は僕の好きなサグマトンカレー+バターチキンカレーを頼みました。

20160804_kuboi_shop_menu_04

もちろん、辛さも選べます
辛いモノ好きの僕はもちろん一番下の

SUPER HOT!

外国人店員さんが書いたであろう、
それぞれの隣の日本語表記に少し萌えますね。

20160804_kuboi_sidedish_0120160804_kuboi_drink

待ち時間の間にサラダドリンクが来ました。

ちなみに、ドリンクはラッシーを頼んだのですが、最初にお水を頂けるので
カレーが来るまでラッシーを取っておくのが僕スタイルです。

辛いモノを食べた後にラッシーを飲むとホントに辛さが消えるんですよ~!
カレー+ラッシーという組み合わせは
インドに伝わる、先人達の知恵なのでしょうね!

 

『っていうかサンガムってどういう意味なんだろう、語呂がガンダムに似ているなぁ。』とか、どーでもいい事を考えてる間に

20160804_kuboi_maindish_01

 

_人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
>  ナンッジャコリャァァァァアー!!!!!!?  <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

 

 

来ました!サンガムスペシャルセット
サグマトンカレー
+バターチキンカレーカスタム!
(ちょっとガンダムっぽく言ってみました)

シルバーのお膳からハミ出すド迫力のナンに毎度毎度驚愕させられます。

ちなみにこちらのナン、なんと
お代わり自由です!スゴ過ぎ!

(当たり前のことですが、お代わりを頼んだらきちんと食べきりましょう。もしくは、きちんと食べきれる量で頼みましょう。マナーからルール、そしてマナーへ。)

20160804_kuboi_maindish_02

大好きなサグマトンカレー(ホウレンソウと羊肉のカレー。本場北インドではサグとは〝菜の花〟の事を指すそうです。)

20160804_kuboi_maindish_03

安定のバターチキンカレー
ホントにカレー2個も良いんですか!!
とってもボリューミー!

20160804_kuboi_maindish_04

ナンがお代わり自由なのにターメリックライスまで付いて、至れり尽くせりです。
たまーにナン+カレーで食べてる時に
「このカレー、ライスとも食べてみたいな」
なんて思った事がある方にはまさに最適ではないでしょうか!
このサイズ感がちょうど良いですよね!

20160804_kuboi_sidedish_02

「何言ってるんだ!俺は私はナン+カレーを食べに来てるんだ!
 ターメリックライスなんてまさに邪道!」

とお考えの紳士淑女の方々にはチキンティッカと
ターメリックライスなんて組み合わせもアリでしょうか。

しかしこのチキンティッカ、オマケ程度に考えてはいけません
この、ヨーグリーでスパイシーな味はまさに本場チキンそのもの!

とても深い味わいです。

チキンティッカ5つとライス、付け合わせにカレー、
というだけのセットが
750円くらいであっても良いんじゃないか、
というくらいです。

さて、メニューの紹介はこれくらいにして、いざ実食!

20160804_kuboi_maindish_05

注文を受けてから焼くのでしょう。ナンがアツアツ!
ひとたびちぎると、バターライクで甘~い芳醇な香りが
湯気とともにポワーンと匂ってきます。

アツアツなのに硬くなく、柔らかモチモチなナンはまさに一級品。

お代わり自由なのに
ナンもきちんと本格派ナンですね!

20160804_kuboi_maindish_06 20160804_kuboi_maindish_07

アツアツのナンをずっと持ってるとコチラとしてもなんですので、
早速バターチキンカレーをたっぷり付けて口の中へ
バター×バターの組み合わせにハズレがあるワケないじゃない!

絶対美味しいじゃないの!!!
もう!!!!!!!!!!

 

辛いのにバターの甘みもあって絶妙なバランス感覚!

ここのシェフ、絶対平行棒とか
吊り輪とか上手いゾ!
まさにウルトラC級!

20160804_kuboi_maindish_08

お次はサグマトンカレー。

20160804_kuboi_maindish_09

例に倣いたっぷりと付けて…

20160804_kuboi_maindish_10

野菜が苦手、という方や緑色にあまり食欲がそそられない
というそこのあなた!全然そんな事ありません!

まずこのカレー、例えるならばコトコト煮込んで2日目の
ジャパニーズカレーの様な深いコクがあります。

 

サグと一緒に煮込んであるので羊肉の独特の臭みも取れて、
女性にもとてもオススメですよ〜!

 

 

 

そうこうしているうちにナンが無くなりそうに。ナンテコッタ。
早速お代わりを注文。

ちなみに、1枚目を食べきってから2枚目を頼むと
焼き時間の間にだんだんお腹がいっぱいになってくる魔法』
かかってしまうので「
もうすぐ終わるな」というタイミングで
お代わりをするか否かを決めるのがベターです。

20160804_kuboi_maindish_11

コチラが2枚目のナン。
奥にチラリと見えるは先輩の右手です。

遠近感もありますが、右手と比較してもナンの大きさは一目瞭然!
食べ応えバツグンです。

20160804_kuboi_ate

結局先輩から一皿ターメリックライスも貰い、
お腹いっぱいになったので
3枚目は頼まず。でも大満足です。

20160804_kuboi_granite

最後に、ソーンフをひとつまみしてのお別れ。
ソーンフとはヒンドゥー語で『フェンネル』という意味。
(ますますガンダム味を帯びてきた…分かる方には分かります。)

アメリカンなお菓子かと思いきや、実はコレはインドのお口直し
フェンネルという植物の種を砂糖でコーティングしたもので、
口内消臭効果消化促進を促すスグレモノなんです!

甘く、スッとする香りが特徴で、
日本では『ウイキョウ』という名前で親しまれています。

面白いことにこのフェンネル、カレーにもスパイスとして使われています。笑
カレーで食べた後にお口直しとしても食べるとは。。。

 

ところで、結局調べたところ
サンガムとは『集団、集合、聖地』を意味するコトバらしいです。
某機動戦士や某ニュータイプの親戚の類ではありませんでした。

 

最後に、ライスレーティングを使ってポイントをまとめていきます!
(※あくまで個人的な見解です。)

20160804_kuboi_rating

 

出ました!梅星3つの嵐!!

 

他店にも負けないThe 神保町カレー感コスパの良さ、そして何より
ボリューミーな本格ナンが魅力の神保町のインド料理屋。
メニュー表の右上にもチラッと書いてありますが、
どうやら夜には
40名までのパーティにも対応しているご様子。
入口は、やや狭く感じるかもしれませんが、中に入ると
結構奥まで席があるので興味のある方はぜひお電話してみてください!

 

ハウスワインや各国の美味しいワインもたくさんあるので、
パーティコースを予約すれば
ワインとインド料理で
いつもとは違ったパーティになること間違いナシ!

 

前回に引き続きブログを書く際、お店に了承を得るのですが
今回も精算時に
優しいイケメン外タレ風の店員さんに聞いてみたところ、
またしても
「あ、良いよ!それよりお兄さんイケメンだネ!」との事。

店員さんの方が俄然イケメンだったので思わず焦りましたが、
やっぱり嘘でもそう言ってもらえるだけで
素直に嬉しいですし、なによりきっと商売上手なんですね(笑)

 

優しくてイケメンな外タレ風の店員さんのいるカレー屋さん。
皆様も神保町にいらした際にぜひ行かれてみては如何でしょうか!
夏でも冬でも、美味しいカレーを食べて元気になっちゃいましょう!

 

 

以上、今回はSANGAM@神田神保町でした。

 

それではまた!ごちそうさまでした!

 


SANGAM(サンガム)

https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13180530/
ジャンル:インド料理、カレー
アクセス:東京メトロ半蔵門線神保町駅 A7口より74m
住所:〒101-0051 東京都 千代田区 神田神保町 1-13 神保町勝ビル 1F
電話番号:03-5244-5748


LINEで送る
Pocket

RSS FEED

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVEアーカイブ